痛みが少ない脱毛サロンってあるの?!

痛みが少ない脱毛サロンってあるの?!というあなたの疑問におこたえします!

メニュー

近頃、家庭用の脱毛器の人気が上昇

近頃、家庭用の脱毛器の人気が上昇してきています。



我が家に居ながら、気軽に脱毛処理が簡単なので、愛用者が増えているのはわかりますよね。一昔前と比べて、マシンの性能が飛躍的にに向上しているのも人気のワケとしてかんがえられます。

家用の脱毛器の中には、真新しい光脱毛システムによって脱毛力がとても高くなっているものもあります。

エステサロンでワキ脱毛した時にトラブルは0とはいえません。特に肌トラブルで多いのが毛嚢炎・色素沈着のようです。

他の部分と比べて、肌の色が違う症状(時には説明が難しいですが、できるだけ伝えるようにがんばってみるといいかもしれません)です。その原因は施術 or アフターケアの失敗または、脱毛自体が肌に合わなかったからでしょう。
施術をする人の技量によって、肌の状態が左右されます。

なので、初回カウンセリング時に沿ういったトラブルに対する対処法を聞いておきましょう。

女性に限っては、毎月月経がありますが、月経中に脱毛器を使用することは可能でしょうか。

生理中はホルモンのバランスが悪いので、肌がいつもより敏感です。


脱毛器を使って毛を抜くことで肌荒れを起こす確率が増えます。さらに、月経中は脱毛効果が落ちるといわれている事もあるので、大して効果はでないかもしれません。

脱毛サロンやエステで知られている光脱毛は妊娠している人が受けても危険ではないのでしょうか?通常は妊娠している人は光脱毛は不可能だとなっているでしょう。



妊娠中はホルモンバランスが崩れた状態になっているので、肌トラブルが起きやすくなったり、脱毛効果があまり得ることができないことがあるためです。サロンで脱毛施術を受けたそのすぐ後は、肌が刺激にさらされないように注意を怠らないで下さい。

どんな方法で脱毛する場合でも、わずかな刺激に対してでも肌は過敏に反応してしまいます。強い日差しの下を歩いたり、お風呂に入ったり、誰かにマッサージをしてもらったりすると、肌に何らかのトラブルが起こる確率が高くなります。脱毛施術時に受けた指示に、しっかり従いましょう。脱毛器の性能は年々上がっていますが、やはり、プロの技術と業務用の脱毛器には及びません。しかも、脱毛サロンの方が安全性が高く、脱毛も安心です。

しっかり脱毛したい人や痛みが不得手な人、肌の状態に不安がある人は、脱毛サロンがいいのかもしれませんね自宅で簡単に脱毛したいと思う場合は脱毛器の方がいいでしょう。

脱毛エステへ行って施術を受けたその後ですが、ちゃんと自分でもケアを行っておくのが大切になります。アフターケアの手間をかけておくことで、肌トラブルが起こる確率がぐんと減るのです。



自分でおこなうアフターケアについて詳しいやり方はお店で指示をして貰えるでしょうが、よく言われるのは「冷やすこと」「保湿すること」「刺激を与えないこと」というのが基本的なところになるようです。
特に保湿を心がけるというのはかなり大事です。これまで脱毛サロンで脱毛をする方法として挙げられていたものは、針を用いるニードル脱毛ですが、最近ではフラッシュ脱毛が、大半になってきたので、このニードルのようにひどく痛むことはありません。ですから、早くからフラッシュ脱毛でお手入れする若い人たちが増加してきていますね。
痛みを感じない脱毛法でキレイに仕上がるのならぜひともチャレンジしてみたいものです。

関連記事